MENU

車の暖房が効かない!!修理代はいくらくらい?

 

 

「これから秋・冬に入るのに、暖房が効かないって、困るな・・・」

 

去年の10月後半、そろそろ寒くなってきたし、カーエアコンをつけてみようかな・・・
と試したところ、暖房が全くきかなくなりました。

 

夏場は冷房が使えたのに・・なんでだろう?
と疑問に思いましたが、仕方がありません(涙)

 

早速、ディーラーへ持ちこむと「ヒーター部分が故障して恐れがあります」とのこと。

 

修理代の見積は7万円・・・・

 

「えっ!意外とするもんだね・・・」と車のエアコン修理代におどろいて思わず声を上げてしまいました。

 

故障部分によって修理代が大きく変化

 

  • ヒーターコアオーバーホール:約3万円
  • ヒーターバルブ交換:約2万円
  • ヒーターファン交換:約約6万円〜約8万円
  • オートエアコンシステムの不良:約6万円〜12万円

 

※オートエアコンシステムが故障している場合、車種によってはもっと高額になる恐れがあります。

 

 

思いきって車を売る方法も選択肢の1つです

 

私の場合は、6年半落ちのセレナに乗っており、そろそろ新しい車に乗り換えようかな? と思っていたため、
タイミング的にちょうど良かったです。

 

そのままディーラーに下取り・・・となりがちですが、売却先は”高く売れる”買取店にしました。

 

といっても、今回はエアコンが故障しているため、高く売却できる店があるのか・・・と心配な面がありました。

 

そんなとき、”車の一括査定サイト”へ登録することで、複数の買取店に見積を一括依頼できることを知り、早速試してみました。

 

60秒でいくらくらいになるのか?すぐに知ることができるし、複数社同士で競争してもらうことで、買取額も可能です。

 

もちろん、そのまま修理に出して、乗り続けるのもOK
乗り換えを想定して見積依頼に出してもOK

 

参考になれば幸いです。

 

 

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する老舗自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://kaitori.carsensor.net

 

 

楽天オート(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天1500ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

https://auto.rakuten.co.jp

 

 


 

 

TOPへ

 

自動車の買取知識、よくある疑問

 

車の疑問に答える人

 

車買取と下取りの違い

 

車買取と下取りがどう違うのかわからない人も多いですが、結局は誰に愛車を引き渡すかといった違いになります。

 

車買取の場合は、専門の車買取業者に見積依頼を出し、愛車の価値を査定してもらって合意すればその金額で売却します。

 

対して下取りの場合、相手は新車を購入するディーラーとなります。下取りはあくまでも新車購入時のサービスの一環として行われているもので、車の価値を正確に査定しているわけではありません。

 

下取りとして前の車を引き取り、市場価値は参考程度にディーラーが指定した相応の金額を差し引く代わりに新車を購入してもらうというシステムで、新車を購入しない人は当然下取りだけしてもらうことはできません。

こう見ると車買取業者に買い取ってもらった方がメリットが高いように思えますが、下取りにも魅力はあります。どのみち新車を購入するつもりだった場合、
新車の納車と同時に前の車を引き取ってもらえます。処分の手間もかかりませんし、前の車を直前まで使用できるというメリットもあります。

 

新車の代金も差し引いてもらえるので、下取りなしで購入するよりも新しい車を安く購入することもできます。どちらにもそれぞれ違った魅力があるので、よく検討するようにしましょう。

 

 

車の暖房の故障の原因

 

車の暖房が故障する原因の多くはサーモスタットの故障です。

 

サーモスタットとはエアコンの設定温度を維持するための装置で、これが不具合をきたすと暖房が効かなくなります。
車の暖房はエンジン熱を利用しているため、冷房を使用する夏場のように著しい燃料消費がありません。

 

冷房はエアコンスイッチオン直後に冷風が送られてくるのに対して、暖房はエンジン始動後すぐには暖かくなりません。

 

エアコンスイッチをオンにしてもエンジンが温まっていなければ、エアコンダクトから流れ出す風が暖かくないのです。

 

エンジンを始動すると、ラジエーターにある冷却水が循環し、エンジンを冷やします。

 

エンジンの温度を一定に保つための役割を担うのがサーモスタットです。
すなわちエンジンの熱を車内に送風しているのが暖房の原理で、車内の除湿を担うのがエパポレータ―です。

 

エンジンの熱とサーモスタット、エパポレーターがセットになって冬場のエアコン機能となるのです。
サーモスタットの故障は、エンジンの不具合でも起こります。

 

定期的なオイル交換や冷却水の交換(LLC交換)など、メンテナンスを怠るとエンジンに不調が出てサーモスタットの故障原因に繋がり、暖房の故障にも繋がります。

 

 

 

オークション代行で車を売るメリット・デメリット

 

車を売る方法としては、車買取業者を利用する方法のほかに、オークション代行を利用するという方法もあります。オークション代行を利用すれば、代行業者にオークションを代行してもらうことができるため、オークション会場の会員にならずにオークションで車を売ることが可能になります。

 

オークション代行を利用することの大きなメリットというと、車買取業者よりも車を高く買ってもらえる可能性があるということです。一般的に車買取業者を利用すると中間マージンが高くなってしまいますが、オークション代行を利用する場合には中間マージンが手数料のみで済むからです。また、落札希望価格を自分で自由に設定できるというメリットもあります。

 

一方で、オークション代行を利用することのデメリットには、車がいつまでも売れない可能性があるということが挙げられます。自由に落札希望額を設定したとしても、その金額に納得したバイヤーがいない場合には、車がいつまで経っても売れないということもありえるのです。さらに、売れなかったとしても手数料はかかってしまうため注意が必要です。プロの代行業者はある程度の相場を分かっていますので、アドバイスを参考にして落札希望額を決めることも大切になります。

 

 

査定依頼前に洗車をしたほうが高値で売れる?

 

車の査定を検討する際には、少しでも高値の金額を出して高く売りたいと誰もが思うでしょう。車の査定の依頼前に、洗車をして方が高値で売れるのだろうかということについては、多くの議論があります。

 

厳密によると、車の査定依頼前の洗車は、影響はないと言われています。その理由としては車の査定は査定基準や項目に沿って行われますが、その定められた項目の中に洗車の有無が入っていないからです。そのため加減点方式で行われる車の査定において、項目にないため加点もされなければ、減点もされないということです。

 

しかし実際に項目にはない洗車ですが、洗車をしておくことによって、査定額が間接的にプラスになる可能性もあります。査定する人も客観的な評価を行わなければなりませんが、実際にはきれいに洗車されている車は手入れの行き届いた状態の良い車と判断されます。これによってさだめられた査定項目を甘めに評価することが考えられます。

 

反対に洗車されていない車は、余り状態が良くないと判断されて、主観や先入観から厳しい評価を行う傾向があります。

 

そのため依頼前にはできる限り入念にきれいにしておくことが、高値で売ることにつながるでしょう。また車内清掃も、同様の効果を持つので、査定依頼前には必ず実施しておきたいところです。

 

自動車の基礎知識

 

自動車

 

車のヒーターの仕組みを解説

 

車にはヒーター機能が搭載されていることを知っている人は意外と少なく、燃費が悪いというイメージを持っている人がいます。

 

しかし、これは間違いで、燃費に影響があるのはエアコンです。車のヒーターはエアコンとは異なり、燃費には影響しません。

 

エアコンは車内のA/Cがオンになっている状態で、ヒーターはA/Cとは違い、エンジンの熱を利用して温風を出す仕組みのため、燃費に直接影響があるものではありません。ただし、この機能はガソリン車が対象で、電気自動車は別です。

 

 

では、車のヒーターの仕組みはどのようなものか解説します。車のヒーターはエンジンの熱を冷やすために必要なラジエーターと呼ばれる熱い液体を利用して外気もしくは内気を温めて通風口から風を送る仕組みです。

 

つまり、車の運転でエンジンを回している限り、暖かい空気が循環するということです。

 

ヒーターを利用することで燃費に影響することはなく、ガソリンが少ないからヒーターをオフにしても効果はありません。ヒーターとは、車のA/Cスイッチを切った状態で温度を調整して風を送ると暖かい空気が流れるようになっています。

 

しかし、真冬の寒い季節の場合、車内が曇る場合はエアコンを入れて循環させることが必要です。

 

 

車の寿命はどれくらい?※走行距離&年数はどれくらいまで持つの?

 

車の寿命はどれくらいでしょうか。同じ走行距離でも荒い運転をしていればエンジンの負担がその分大きくなり寿命は短くなったり、
屋外に駐車していれば屋内駐車に比べてボディの寿命は短くなるなど、使用状況によって寿命は大きく異なりますが、ここでは平均的な乗り方をすることを前提に車の寿命を考えてみましょう。

 

ひと昔前は、10年10万キロを超えたら寿命と言われていました。しかし、実際には年数が10年以上経過していたり、
走行距離が10万キロを超えているような車が多数現役で走っています。つまり、メンテナンスさえきちんと行えば車は10年10万キロどころか20年20万キロも夢ではありません。

 

それだけ日本車のエンジンやボディなどの耐久性が向上しているということです。

 

経済的なことを考えれば、きちんとメンテナンスを行って良い状態を保ち、少しでも長く乗り続けるほうが経済的です。

 

ただ普通に走ることができても、乗り心地が悪くなってきたり、騒音が大きくなってきたりなど、色々と不具合が出てくるのは事実です。

 

立てつけが悪くなって車が軋むような音も10年、10万キロを超えてくると目立つようになってきます。そのため寿命ではなくても売ってしまう人が多いのです。